• MadameWATSON

プライバシーポリシー

マダム・ワトソン ウェブショップ(以下、当店といいます)は、
当店の運営するオンラインショッピング及びメール配信サービス等におけるお客様の個人情報の適切な管理・利用に十分配慮し、
次の取り組みを実施します。

1.個人情報の管理

当店は、お客様の個人情報について、当店の個人情報保護に関する規定に従って適切に管理します。

2.利用目的と収集範囲

当店は、お客様からお名前・ご住所・電話番号・Eメールアドレスなどの個人情報をご提供いただく場合は、
あらかじめ利用目的やお問い合わせの窓口などをお知らせし、
適切な範囲内でお客様の個人情報を収集させていただきます。

3.個人情報の利用

当店は、お客様から同意いただいた目的の範囲内でのみ、お客様の個人情報を利用させていただきます。
 

当店のウェブサイトでご入力されたお客様の個人情報は、以下の目的のみに使用いたします。
 

  • 1.ご注文の処理および管理を行うため
  • 2.お支払いの処理および管理を行うため
       
       
    • ・クレジットカードによるお支払い時の与信調査
       
    • ・銀行振込によるお支払い時の振込口座のご案内

       
  • 3.購入された商品およびサービスの配送および管理を行うため
  • 4.ご提供する商品およびサービスに関する、ダイレクトメールやカタログ等の送付を行うため
  • 5.ご購入前のお問い合わせや、ご購入後のアフターサービス(領収書発行など)などの対応を行うため
  • 6.返品や交換時の対応および手続きを行うため
  • 7.当店の提供するサービスなどの利用状況に関する統計等のため

4.第三者への提供・開示の禁止

当店は、お客様から同意いただいている場合や法令に基づき開示を請求された場合など正当な理由がある場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供・開示いたしません。

5.業務委託先の監督

当店は、お客様から同意いただいた利用目的を達成するために、当店より業務委託先に対して
お客様の個人情報を開示する場合には、当店と同様の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう契約により義務付け、
これを実施させるなど、適切な監督を行います。

6.個人情報の管理

当店は、お客様の個人情報につきまして、慎重且つ適切に管理し、諸規定に基づいて、
漏洩・紛失・改ざんなどの防止に必要な対策を実施致します。

7.個人情報の開示・訂正・削除などへの対応

当店は、お客様がご自身の個人情報の開示や訂正、削除などをご希望される場合、
お申し出いただいたお客様がご本人であることを確認させていただいた上で、
合理的な期間及び可能な範囲で情報の訂正・削除をさせていただきます。

8.継続的な見直しと改善

当店は、個人情報保護に関連する法令、その他の規範を遵守するとともに、社会環境の変化に応じて、
個人情報保護の取り組みを継続的に見直し、改善します。

9.クッキー(cookie)について

当店のオンラインショップサイト(http://madame-watson-webshop.com/、以下「本サイト」といいます)では、
会員がより快適にオンラインショッピングをして頂くため、会員がご使用のコンピュータを識別する、
クッキー(cookie)と呼ばれるデータを送付し、会員のコンピュータに保存します。
なお、クッキーは会員個人を識別するものではありません。
また、会員がご使用になるインターネット閲覧ソフト(ブラウザ)の設定を変更することにより、
本サイトから送付されるクッキーの受取りを拒否することが可能です。
ただし、これにより本サイトにおけるサービスが正常にご利用いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

10.ログについて

会員が本サイトにアクセスされたことについて、その操作の情報をアクセスログという形で記録しています。
このログは、会員個人を特定できる情報を含むものではありませんが、今後のサイト利便性向上のためや、
万一問題が発生した際の原因追究、利用状況に関する統計・分析処理などに使用するために記録をしており、
それ以外の目的には使用いたしません。

11.他サイトへのリンクについて

本サイト上にあるリンク先については、本サイトの責任範囲外となります。
従いまして、リンク先サイトの内容あるいは安全性等は、当社が保証するものではありません。
リンク先サイトの利用にあたっては、リンク先サイトが設定するプライバシーポリシーに準じることになります。

12.SSLについて

当店は、本サイトにおけるセキュリティについて十分に留意し、クレジットカード番号などの情報入力の際には、
これらの情報が傍受・妨害されることを防ぐために、SSL(Secure Socket Layer)技術を使用し、暗号化を図っています。

このページのトップへ